私の小さな旅 北海道の文学碑と歴史に戻ります北海道の文学碑のトップに戻ります


森鴎外記念室

森鴎外 文の説明は本郷図書館http://www.lib.city.bunkyo.lg.jp/ogai-kinen/kantyoro.html
観潮楼と鴎外
鴎外記念室
観潮楼と鴎外    
この記念室は、森鴎外(本名・森林太郎)が明治25年から大正11年7月9日60歳で亡くなるまで30年間住んでいた家・観潮楼跡にあります。記念室の所在地である千駄木町21番地(当時)を新たな住まいとして選んだのは鴎外の父静男でした。当時、静男は足立区の千住で開業していた医院をたたみ、息子の鴎外と共に住もうと家を探していました。そして方々を探し歩き、眺望の良い家としてここが目に止まったのです。その当時、鴎外は同じ千駄木町の57番地に住んでいましたが、父のすすめを受け、一家はこの地に住むことになります。
千駄木町の57番地の家には森鴎外が去ること11年目、明治36年(1903) イギリスから帰朝した夏目漱石が住みました。この家で「吾輩は猫である」が執筆されたことから、現在通称『猫の家』と呼ばれています。(『猫の家』現在は明治村に移築、碑のみが残っています。)
鴎外の家の建て増しした2階からは遠く東京湾 品川沖の白帆がながめられたことから、鴎外はこの家を「潮を観る楼閣」=「観潮楼」と名づけました。
 鴎外の次女、小堀杏奴氏の著書『晩年の父』には、このようなエピソードがあります。「結婚して間もなく父は母を連れてこの二階に登り、「おい、海が見えないか」と聞いたそうだ。母は長い間見ていたが、「どうしても私には見えません」といったら父は笑いながら、「お前は正直だ。俺がそういうと、ああなるほど見えます見えますなんていう人がいるが、どんな人にだって見えるはずはないんだよ」といったそうである。」
鴎外は、人生の大半を観潮楼で過ごしており、代表的な作品のほとんどはこの地で執筆されました。「ヰタ・セクスアリス」「青年」「雁」「阿部一族」「山椒大夫」「高瀬舟」等は、この地で書かれたものです。
文学サロンとしての観潮楼
観潮楼は文学サロンとしても大きな役割を果たしていました。明治40〜43年にかけて観潮楼歌会が開かれました。与謝野鉄幹、伊藤左千夫、佐佐木信綱、平野万理、齋藤茂吉、上田敏、石川啄木などがこの地に集いました。このように人が集う際に使われていたのが海の見える2階の部屋でした。
観潮楼と鴎外大銀杏です。 観潮楼と鴎外人冗語の石です。鴎外が創刊した『めさまし草』という文芸雑誌に「三人冗語」という合評欄があり、当時人気を集めていました。その評者三名(森鴎外、幸田露伴、齋藤緑雨)が写っている写真があり、鴎外が座っているのがこの石です。
 鴎外が、「三人冗語」で樋口一葉の小説「たけくらべ」を絶賛したことは有名です。
観潮楼と鴎外 褐色の根府川石に
  白き花はたと落ちたり
  ありとしも青葉がくれに
  見えざりしさらの木の花

     昭和23年6月
     永井荷風書