私の小さな旅 北海道の文学碑と歴史に戻ります北海道の文学碑のトップに戻ります

北海道の文学碑

港のある町・室蘭
ル−ト36号線

室蘭は自然の良港とともに重工業によって栄えた都市だが、すべては石炭ゆえと言って良い。
石炭は日本の近代化にならない熱エネルギ−だったが、
夕張炭山は国内でも有数の供給源であり室蘭は日本海側の小樽とともに重要は積出港であった。
明治25年・今のJR室蘭本線が開通している。
近代作家で始めて室蘭に足跡を残したのは国木田独歩
石川啄木の父、一禎はくちべらしのために家出して室蘭に。
啄木の9歳年上の次姉トラの夫、山本千三郎は鉄道員で、手宮から室蘭に転勤

室蘭民芸協会の招きで昭和31年・32年に棟方夫妻は
室蘭を訪れています。
測量山山頂から港を眺めた風景を刻んだ版画が、
日本で最初の棟方志功版画碑です。


棟方志功

ここだけは鉄の唸りも聞こえない 
            電信浜の波のささやき


並木凡平文学碑
室蘭常盤町 常磐公園
本名篠原三郎・明治24年札幌に生まれる。
大正末期から昭和初期にかけて、口語短歌全盛時代を築き、
昭和14年北海日日新聞に招かれ小樽から室蘭へ移住。
並木凡平の文学碑
室蘭港が奥深く廣く入り込んだ、その太平洋への湾口に
 大黒島が栓をしてゐる。
 雪は、北海道の全土を蔽ふて地面から、雲までの
 厚さで横に降りまくった。(海に生くる人々より)

葉山嘉樹文学碑
昭和61年10月18日建立
室蘭市入江町 入江運動公園
明治27年に福岡に生まれる。
日本プロレタリア文学運動の初期を代表する作家で
大正5年・22歳の時、横浜〜室蘭間の石炭運搬船に
下級船員として乗り込んだ
葉山は、室蘭港を舞台とした名作「海に生くる人々」
を書く。
堂々たる4トンの有珠安山岩の碑は港を背景にし、
「この文学碑は、港と石炭にたずさわった人々の
記念に建てられたもの」
と書かれている。
葉山嘉樹の文学碑
葉山嘉樹文学碑
八木義徳の文学碑

八木義徳文学碑
室蘭測量山に行く途中の道路に建っています
八木義徳は1911(明治44)年10月21日、北海道室蘭市大町
(現・中央町)33番地で室蘭町立病院長である父田中好治、母セイ芸者だった)の次男として生まれました。(東大出の父は愛人をつくり3人の男のこと一人の女の子を産む)正妻は別にいた
測量山、この二百メートルほどの高さをもった小さな山の頂上は、中学時代の史郎にとってはもの思う場所≠セった。   「海明け」より
北海道帝大水産専門部を中退後、早稲田仏文科卒。
横光利一に師事し1937年「海豹」で文壇デビュー。
33才でで芥川賞を受賞する。中国で敗戦を迎え、その後、約9ヶ月間の抑留生活を送りました。昭和21年5月、復員した八木義徳は昭和20年3月の東京大空襲により、妻子を亡くしたことを初めて知りました。文字通り、一文無しで、横浜市鶴見区馬場町の兄夫婦の家へ転がり込みました。昭和25年兄義弘自殺。左肺に悪性の腫瘍が見つかり、医師である兄は自己診断し、みずからの命を絶つ。
1999(平成11)年11月9日、八木義徳は遺作となった「われは
蝸牛に似て」の校了をした直後、昏睡状態に陥り、永眠。享年88歳。病院のベッドから、正子夫人に「原稿用紙を持ってきなさい」と、告げたのが最期の言葉

東蝦夷地南部藩陣屋跡
「東蝦夷地南部藩陣屋跡モロラン陣屋跡」
(室蘭市陣屋町2丁目5番地)
350人が常駐して警備にあたった大規模な陣屋
この陣屋が造られたのは江戸時代の末期。異国船が相次いで来訪し、北海道を含む日本列島の北方域はロシアの侵犯に脅かされていた。このため南部藩(現岩手県盛岡市一帯)が幕府の命により東蝦夷地(噴火湾を含む太平洋岸)の海岸警備に当たることになった。
東蝦夷地南部藩陣屋跡

安政2年(1855)勘定奉行、新渡部十次郎(新渡戸稲造の父)ら28人が、調査を行った箱館に元陣屋、エトモ場所が営まれ天然の港である室蘭のペケレオタ(白い、または明るい砂浜の意。現室蘭市陣屋町付近)に、出張陣屋を構築することを決めた。

翌安政3年の3月(旧暦)から南部藩の村田宗吉ら大工18人、左官4人、屋根ふき5人、土方40人、きこりなど45人余りで工事が進められ、同年9月に陣屋が完成した
この陣屋跡は、昭和9年5月、国の史跡指定を受けた。昭和43年から5年がかりで土塁と堀の修復や屋敷跡の平面復元が行われ、建物の礎石や石敷きの通路が整理されている。
http://www.city.muroran.lg.jp/main/org9400/bunkazai_jinyasiseki.html
引用させて頂きました。

東蝦夷地南部藩陣屋跡

「東蝦夷地南部藩陣屋跡モロラン陣屋跡」

私の小さな旅 北海道の文学碑と歴史に戻ります北海道の文学碑のトップに戻ります