私の小さな旅 北海道の文学碑と歴史に戻ります北海道の歴史のトップに戻ります

北海道の歴史

北海道の開拓(その2)


中山久蔵

寒冷地稲作の父 
文政十一年(1828)現在の大阪で武士の次男として生まれる。17歳の時・仕官を志して江戸に向かう。なんとか一人で身をたてる術を探していたが何一つ得るがなかったが、二十五歳(1853年、嘉永六年)で仙台藩士片倉英馬の下僕となった。
そのころの北海道は、幕府直轄の時代で、周囲にはロシアなど外国の船がせまり騒然とした状況でした。仙台は白老から知床までを受け持つことになった為、久三は15年間・白老から仙台を行き来しました。ところが明治元年・久蔵40歳の時・明治維新で廃藩置県が行われたために、職を失った久蔵は今までの過去を振り返り、「自分はすでに年をとった。今まで失敗続きで何もなすことがなかったが・・生まれ変わったつもりで北海道に渡って思い切った事業をしょう」と北海道永住を決意し明治2年・12月、白老に向かった。久蔵・42歳のときでした
。翌年三月、彼は苫小牧を離れシママツ沢に移ると先ず雑穀の栽培を開始し、やがて稲作を始めます。当時の常識では北海道では稲作は無理と考えられておりました。

6千坪の田に道南から求めた「赤毛種」の種籾を植えました。
考えた挙句、久蔵はお風呂からお湯を持ち出して湯水を苗代に入れて見ました。
夜は水が冷えるので、毎日夜も寝ないで水を温めたので苗は見事に育ちました
2〜3年後には立派な種籾を産するまでになりました。やがて、その種籾は空知や
上川の農家にも配布されていきました。久蔵は各地の農村を歩いて稲作の指導をしました。
明治19年の設置された北海道庁の民間の農業指導員になる。

世界的にも、北海道は稲作の北限の地といわれますが、
現在の生産地は北緯45度近くの地域にまで広がっています
(北海道百年物語より)

島松駅逓所 旧島松駅逓所。駅逓とは、交通が不便な地に駅舎と人馬を備え、宿泊と運送の便を図るための場所。明治6年に札幌本道(現在の国道36号)が開通したときに設置。現存する道内の駅逓では最古のもので、昭和59年には国の史跡に指定された 。この駅逓所は、クラーク博士が帰国の途中に立ち寄り「青年よ大志をいだけ」という名言の舞台となり、また、明治14年には明治天皇本道ご巡幸の際の行在所ともなりました。昭和59年国史跡に指定され、当時の駅逓の構造を残す建築物としては道内最古のもので

大正4年・久蔵は米寿の時にこのように話した。
「開拓使は屯田兵に対し、稲を栽培するものは懲罰にすると言った。わしはそのとき黒田長官に言ったんだ。
北海道では稲作がきっと成功する。米の収穫が100万石になるまではわしは死なん。
そしてわしは笑いものになった。
しかしみるがいい。こんなに稲作が盛んになったではないか。
100万石の収穫をみるのも夢ではなくなった」
久蔵は大正8年、自ら切り開いた島松の里で人生を終えた。
亡くなる前日まで水田を見回ることを忘れていなかった。93歳。
久蔵の生涯をかけた信念は「自立」でした。(北海道百年物語より)


依田勉三

札幌市HPより
十勝開拓の祖  依田勉三(1853年〜1925年
おかし「ひとつ豚」
ますらをが心定めし北の海風吹かば吹け浪立てば立て」
「晩成社にはなにも残らなかった。しかし十勝野は…」
との言葉を残し大正14年12月に73歳で死亡した。

1881年(明治14年)単身北海道調査に赴き、翌年移民会社「晩成社」を創立しました。同志と入植開拓の準備をすすめ、1883年帯広入植。
帯広の地名は、アイヌがそこをオベリベリ(湧き水が流れる口)と読んでいたのにちなみ、
勉三が発音から命名しました
創業の苦難を克服し、亜麻の製糸工場を造り、七重畜産を創立、牛肉、水産物、カニの缶詰を始めて手掛けた。帯広発展の礎築いたことで、現在でも帯広では、『拓聖』と称されています

胃の病気と脚気だったが、福沢諭吉のもとで勉強する
彼を 北海道開拓に思い立たせたのは、「ケプロン報文」である。
「その財産は 無限の宝庫である。かかる肥饒の大地を放置するは、日本政府の怠慢といってよく……」が、
彼の胸をぐさりと刺す。妻のリクも、良家の生まれで、百姓などしたことはなかった。
しかも健康といえる状態ではなかった。それでも二歳二カ月の俊助を義姉に預け、伊豆を出た。
丈夫に育って上げてから北海道へ呼び寄せるつもりであった。
だが、その俊助は別れて半年もたたず他界する。
また、リクも二年後に発病、四年間伊豆で療養して戻るが、一年余で再発、それでも明治二十七年まで北海道にいた。
勉三は他者の世話で、二人の娘を持つ馬場サヨと再婚をする。
そのサヨとの間に千世という男の子が生まれるが、これもまた二ヶ月で亡くなった。(北海道百年物語より)


武田斐三郎
札幌市HPより

武田斐三郎
幕末の蘭学者であり、函館奉行所に勤め五稜郭を設計する
   
武田斐三郎(たけだあやさぶろう(1827年〜1880年)

勝海舟
明治13年斐三郎が53才でなくなったとき勝海舟は追悼の言葉をこのように語っています。
「徳川幕府は後世のためにすばらしいものをいくつか残しているが、この時代に輩出した真の優秀な人材はわずかに指を折って数えるに過ぎない。そのなかでも武田斐三郎は終始一貫して優れた人物であり、我国科学技術の先駆者として万能の逸材であった。しかし、世間の人々がそれほど知らないことは実に惜しいことである。」
五稜郭の建設
一日6000人をくだらなかった作業員。
さらに実際作業した人足をあわせると延べ人数で五万人を超える大工事でした。
1827年 四国の大洲藩士の次男として生まれる。父は藩士と言っても身分の低い武士で、しかも斐三郎が幼い頃に病気で倒れたため家計は困難を極めた。13歳のとき父が亡くなる。母は内職で家計を支えどんなに大変でも子供達には学問を学ばせようと、兄と斐三郎を藩校明倫堂という塾に通わせる。。「医学を志すならば西洋の技術を取り入れた医者になろう。そのためにはまず蘭学を勉強しよう」斐三郎はこうして大阪の蘭学校に入学しました。22才のときでした。斐三郎は一心不乱に勉強。勝海舟、坂本竜馬も通った砲術指南所は大阪では見ることのできないような書物がいっぱいあった。この適塾には当時の日本屈指の学問所で村田蔵六、橋本左内、大鳥圭介、高松凌雲、福沢諭吉などの後の幕末明治に活躍した逸材が育ったところでした。彼は2年間通った蘭学塾を退学し江戸にでる。今度は佐久間象山の元で英語、仏語、西洋兵学を始め、砲台建築、海防、造船などを学びます。そして象山の勧めで幕府に任官。
1855年 日米和親条約(神奈川県条約)によって開港された函館をはじめとする北辺の防備のため、
江戸幕府の手により函館奉行所勤務。砂鉄から金属を作るための設計に当たるなど研究の日々を送る。彼が外国船から収穫したひとつにストーブがあります。外国人の暖房の方法について斐三郎はイギリスストーブを船に乗り込み、ストーブを精密に写生し職人につくらせた。これが日本で国産ストーブ第1号です。
1864年 五稜郭の完成。フランスの城を参考に設計。わが国では非常にめずらしい洋風の城郭で5つの突角をもつ星形であるところから五稜郭と呼ばれている斐三郎は江戸の幕府開成所の教授に任命され11年住んだ函館を後にする。
1880年 54才で死去・彼にとって常に力になってくれた幕府の役人たちは、皆切腹して幕府の最後と運命を共にしました。(北海道百年物語より)

 私の小さな旅 北海道の文学碑と歴史に戻ります北海道の歴史のトップに戻ります