フレームを使用しております。 (home)  (Index)

ヤマボウシ
ヤマボウシ
植物名 ヤマボウシ(山法師)
別名
学名 Benthamidia japonica
科名 ミズキ科 ヤマボウシ属
原産地 日本
性状 落葉高木
高さ 5〜10m.
開花期 7月
花 色
花言葉
撮影時・場所 2007年7月北大植物園
参考図書 四季を楽しむ花図鑑
果実は集合果で9月頃に赤く熟しマンゴーのような甘さがある。
山地に普通に生え、本州から九州、および朝鮮半島、中国に分布する。
花弁状の部分は「苞」と呼ばれる葉の変化した器官
ヤマボウシの園芸品種や変種としては、苞が赤みを帯びるベニバナヤマボウシ(利休が好んだ)
大きな苞を着けるハナヤマボウシ、
やや緑色を帯びた小さめの苞を着けるアオヤマボウシ、葉に白斑が入るフイリヤマボウシなど。
つぼみを法師の坊主頭にみたててつけられた。

フレームを使用しております。 (home)  (Index)