フレーム版を使用しております。 

 (home)  (Index)

キキョウ
キキョウ
植物名 キキョウ
別名 むらさきばな
学名 Platycodon grandiflorum
科名 キキョウ科
原産地 東アジア 日本
性状 宿根草
高さ 40〜80cm
開花期 月下旬 〜 8月下旬
花 色 紫 白
花言葉 誠実
撮影時・場所 2006年、8月、「ご近所にて」撮影
参考資料 金田初代著「花の事典」より
秋の七草の原型は、万葉歌人山上憶良の「萩の花尾花葛花なでしこの花をみなえし また藤ばかま朝がほの花」
からきているといわれていますが、この朝がほは当然現在の朝顔ではなく、
キキョウであったという説が有力になっています。自生は少なくなった古来花を愛でたことは確かですが、
やはり薬効が優れていることから、薬用植物として身近に栽培されていたものかもしれません。
太い根を乾燥させて保存したものを煎じて、主としタン切りに用いられていました。