フレーム版を使用しております。 

 (home)  (Index)

ゲンノショウコ
ゲンノショウコ
植物名 ゲンノショウコ(現の証拠)
別名 ミコシグサ(御輿草)
学名 Geranium thunbergii
科名 フウロソウ科 フウロソウ属
原産地
性状 多年草
高さ 30〜50cm。
開花期
花 色 白 ピンク
花言葉
撮影時・場所 2006年、8月、「釧路に向う山の中にて」撮影
参考資料 滝野スズラン公園花図鑑より
名の由来 この薬効が速やかに”現”われることから『現の証拠』
別名のミコシグサは種子の弾けた後の果実が神輿に似ているため
日当たりのよい山野に普通に生える。 
茎や葉に毛がある。 葉は対生し、3〜5に中裂〜深裂する。 
便秘、下痢、関節痛、神経痛の薬になる。
分布 北海道、本州、四国、九州