フレーム版を使用しております。 

 (home)  (Index)

ヒガンバナ
ヒガンバナ
植物名 ヒガンバナ
別名 「曼珠沙華」(まんじゅしゃげ)。
学名 Lycoris radiata
科名 ヒガンバナ科 ヒガンバナ属
原産地 日本 中国
性状 多年草
高さ 30cm
開花期 9月
花 色 赤 白
花言葉 悲しい思い出
撮影時・場所 2004年、10月「京都」にて撮影
参考資料 夏梅睦夫著「花の名前の手帖」より
「曼珠沙華」(まんじゅしゃげ)とは梵語で赤い花
Lycoris(リコリス)は、ギリシャ神話の海の女神 「Lycoris」の名前から採ったもの。
花がとても美しいことから。
突然茎が伸びてきて鮮やかな色の花を咲かせ、 数日で花が終わって茎だけになる。
花と葉を同時に見ることはできない。
根のところにはリコリンという毒があるが、 この毒は水で何回もさらせばとれるので
昔の人はこの根の部分からデンプンをとって 飢饉の際の食料とした。