私の小さな旅 北海道の文学碑と歴史に戻ります私の小さな旅 旅のアルバムのトップに戻ります


石炭、夕張メロンのまち・夕張


夕張は北海道の中央部に位置し、かつては石狩炭田の中心都市として栄えた。
夕張メロンの産地として有名。
アイヌ語の「ユーパロ」(鉱泉の湧き出るところ)が語源といわれている
2006年深刻な財政難のあおりを受け、2007年3月6日をもって財政再建団体に認定された。

吉永小百合主演 「北の零年」夕張ロケ地

激動の時代―北の原野に辿り着いた546名の愛と闘いの大河
刀を捨てたサムライ 、夢を信じる事が最後の武器だった

稲田の者はこの北の地に捨てられたのです・・・
明治四年。明治維新をめぐる徳島藩内の確執から、北海道に移住するという運命に直面した淡路・稲田家主従。
総勢五百四十六名の移民団のなかの中心的存在、小松原英明の妻として一家を切り盛りする志乃(吉永小百合)が主人公です。
豊穣温暖の地から、原生林の生い茂る酷寒の北海道へ。武家で生まれ育った彼女にとって、北海道での新生活は衣食住のどれをとっても過酷な経験でした。しかし何事にも前向きな彼女は、自らの手で畑を耕すことによって徐々に逞しくなっていきます
北の零年
2005年1月15日より全国東映系ロードショー
北の零年
「北の零年」夕張ロケ地
西武警察・窪塚洋介で使用した車 向って右、「窪塚洋介主演、狂気の桜」で使われた車

左 「西武警察」で使われた車
幸福の黄色いハンカチ
幸福の黄色いハンカチ 幸福の黄色いハンカチは、1977年10月1日に公開された日本の映画である。
高倉健、倍賞千恵子といったベテラン俳優から、映画初出演となる武田鉄矢、さらには脇役に渥美清、桃井かおりを据えるなどこれ以上ない布陣で臨んだ同作品は、俳優陣の演技はもちろんのことシンプルながら観衆の心情に深く訴えかけるストーリーが高い評価を得、第1回日本アカデミー賞や第51回キネマ旬報賞など、同年の国内における映画賞を総なめにした。

「もし、まだ1人暮らしで待っててくれるなら…黄色いハンカチをぶら下げておいてくれ、それが目印だ、もしそれが下がってなかったら俺はそのまま引返して、2度と夕張には現れないから…」それを聞いた欽也達は一緒に夕張に行くことを決心する
幸福の黄色いハンカチ 幸福の黄色いハンカチ
2008・5・5撮影

私の小さな旅 北海道の文学碑と歴史に戻ります私の小さな旅 旅のアルバムのトップに戻ります