私の小さな旅 北海道の文学碑と歴史に戻ります私の小さな旅 旅のアルバムのトップに戻ります


「ハットリ君と仲間にあえる街 氷見」 →2013年12月23日

藤子不二雄Ⓐ本名:安孫子 素雄(あびこ もとお)、1934年(昭和9年)3月10日 - )は、日本の漫画家。
座右の銘は「明日にのばせることを今日するな」

藤本弘(藤子・F・不二雄)とともに藤子不二雄としてコンビを組み、作品を発表した。
曹洞宗49代目住職の息子として富山県氷見郡氷見町(現:氷見市)の光禅寺という古刹に生まれるが、1944年に父を亡くして高岡市に転居し、
転入先の高岡市立定塚国民学校(現・定塚小学校)で藤本弘と知り合う小学校時代から漫画家を志す

高校卒業後、1952年に、伯父が専務を務める富山新聞社に入り、学芸部と社会部で似顔絵やインタビュー記事を担当。1954年、藤本に誘われる形で新聞社を退社。
藤本と共に漫画家となるために上京する。後がない藤本と違って(藤本は製菓会社をすぐに退社した安定したサラリーマン生活がある安孫子は
新聞社に未練があった。
この藤本の誘いを母に相談しており、母の言われた通りにしようと思っていたが、予想外に「好きにしなさい」と言われ、悩んだ挙句に夢の道に進むことを選んだ

厳密には2人の合作によるヒット作は『オバケのQ太郎』が最後であり、これ以降は藤子不二雄名ではあっても、そのほとんどはどちらかの単独作品である。
1987年にコンビを解消し、藤子不二雄Ⓐとして活動する
ベジタリアン(卵と乳製品は食べるラクト・オボ・ベジタリアン)であるが、思想上の理由ではなく、実家がお寺で幼少の頃は精進料理ばかり食べていたため、
肉や魚を体が受け付けなくなっていることが原因だという。
しかし、2013年春、上行結腸癌(大腸癌)により、人生初の病気にかかり入院と手術をした。
故郷の村にて藤子・F・不二雄、赤塚不二夫、石ノ森章太郎、手塚治虫らに「こっちに来い」と言われる夢を見た

大の犬好きで、作中にもよく犬が出て来る。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%AD%90%E4%B8%8D%E4%BA%8C%E9%9B%84Aより引用しました。

ハットリ君と仲間にあえる街 氷見
ハットリ君と仲間にあえる街 氷見
ハットリ君と仲間にあえる街 氷見
ハットリ君と仲間にあえる街 氷見 ハットリ君と仲間にあえる街 氷見ハットリ君と仲間にあえる街 氷見
ハットリ君と仲間にあえる街 氷見 ハットリ君と仲間にあえる街 氷見
ハットリ君と仲間にあえる街 氷見 ハットリ君と仲間にあえる街 氷見ハットリ君と仲間にあえる街 氷見
ハットリ君と仲間にあえる街 氷見 ハットリ君と仲間にあえる街 氷見ハットリ君と仲間にあえる街 氷見
ハットリ君と仲間にあえる街 氷見 ハットリ君と仲間にあえる街 氷見ハットリ君と仲間にあえる街 氷見
ハットリ君と仲間にあえる街 氷見 ハットリ君と仲間にあえる街 氷見ハットリ君と仲間にあえる街 氷見
ハットリ君と仲間にあえる街 氷見 ハットリ君と仲間にあえる街 氷見

私の小さな旅 北海道の文学碑と歴史に戻ります私の小さな旅 旅のアルバムのトップに戻ります