私の小さな旅 北海道の文学碑と歴史に戻ります私の小さな旅 旅のアルバムのトップに戻ります


これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬも逢坂の関 

                             
          逢坂峠〜土山〜彦根城の旅 (2002年5月)→2013年12月23日更新

逢坂峠  逢坂峠
.これやこの行くも帰るも別れては
知るも知らぬも逢坂の関   (蝉丸)
この峠を超えていろんな出会いと別れがあった。
多くの歌に読まれ、多くの喜怒哀楽が時代を超えてその場所は存在していましたが
交通量は激しくて一瞬のうちに通りすぎました。
旅の要所だったその場所が時代と共に変貌していた。

(画像はひろ様からお借りしました)2013年、11月


★ 土山。
私は「内田康夫」の本がとても好きです。
思うように旅にでれない私だったから、本の中で紹介される史実と地理にわくわくさせながら、
本の中で旅をしていました。[皇女の霊柩]の本で始めて知った土山。
「幽玄な雰囲気でぞくぞくとする」とは、作者のコメントである
帝の名代として伊勢神宮に仕えた女たちの生涯は、儚い哀しみの歴史に包まれている

土山駅 この土山は「坂は照る照る 鈴鹿は曇る あいの土山 雨が降る」
この馬子唄で知られる鈴鹿峠は、箱根と並ぶ東海道の難所。
この山麓で土山町は東海道五十三次49番目の宿場町として栄えました.
垂水頓宮跡(たるみとんぐうあと)
  斎王が群行でお泊りになられたところを頓宮(とんぐう)といい、京の都から伊勢まで5ヶ所(勢多、甲賀、垂水、鈴鹿、壱志)の頓宮が置かれ、群行が行われるごとに新たに建造され、群行が終わるとすぐ解体されました。 遺構が残らなかったため、所在地を限定するのが非常に難しいのですが、この垂水頓宮跡は、永年地元の人たちにより、大切に保存されてきたおかげで、昭和10年、
内務省の現地調査により、唯一頓宮跡地であることが実証され、昭和19年には国の
史跡(文部省)に指定されています。
垂水頓宮

彦根の旅

 
戦国時代になって絶えず戦場となっていたが、豊臣時代に石田三成が佐和山城主となってから町は次第に繁栄し、
その後、関ヶ原の戦功で井伊直政が彦根の地に封ぜられ、その子直孝が彦根城を築城してから
城下町として発展、産業、政治、文化の中心地として300年間栄えた。

城下町らしい古い
町並みを歩いていると時が静かに流れ、
このまま住みついていたくなりました。
同じ人生をおくるなら静かにこのまま暮らしたい
あくせくと何かに追われるように生きるのではなく、
限りある時間を楽しみたい。そんな生き方に憧れます。
処か故郷に似ている。そんな彦根の町並みでした。
小さな子供のときの私がそこに存在するような心の安らぎを感じていました
城下町を歩いたときはいつも思う。
朝夕、お城を仰ぎながら生活をしてみたいと。
しかも雪の降らない町で自然に拘束されない日々の生活の営みは
どんな感慨を持って暮らしているのかと。
風景が見なれたものとなり
日常の喧騒の中で忘れたとしても
自分の故郷がそこにあり、それは誉れでもあるのではないかと。
歴史が織り成した所以を知らなくても心休まる存在であることは
間違いのないことだろう
こんな小さな私が世の中から消えても悠久の時間の中で
確かに息ずいて語りついていくのかと思うと嫉妬さえも覚えた。
彦根城か町ひこにゃん
彦根城
彦根城
彦根城彦根城
彦根城 彦根城
彦根城 彦根城
私が彦根城に憧れたのは極めて単純な理由からでした。
松山城に行ったときに観光客の人達と一緒になりました。
その時に一緒だった婦人が全国のお城の写真が貼って
あるのを見て言いました。
「お城が大好きでいろんな所に行ったけれども一番好きなのは
姫路城と彦根城なの」
この話しを聞いたときから私は彦根城に恋焦がれてしまいました。
だからお城が見えたときは感激しました。
やっと大切な人に巡り合ったような錯覚さえも覚えました。

井伊直弼が不遇の青年時代を過ごした。
十一代藩主・直中の十四男として生まれた直弼は、
300俵の捨扶持で、 17歳から32歳まで、この屋敷で過ごし、
「世の中をよそに見つつも埋もれ木の埋れておらむ心なき身は」
という和歌を詠み、自らこの屋敷を「埋木舎」と名づけました。
将来に夢も希望もない身ではありましたが、
直弼はこの時期に文武両道の修練に励んでいましたが、
突然、藩の後継ぎが死んでしまってお兄さんの養子に
なるという形で藩主になる。
後に大老として、日本を開国へ導くまでになったのです。

彦根城
ひこにゃん 彦根城ひこにゃん
彦根城井伊直弼1860年年・桜田門外にて暗殺される。

雨雪のときには、濡れたままの衣服で城中にはいることは禁止されており。
供人は合羽に蓑をまとい、刀には柄袋をかぶせる決まりになっていた。
直弼は攘夷論の盛んな中で、列強との軍事力の格差を冷静に判断した。
ハリスからの日米修交通商条約の調印にさいして「拒絶して戦争にでもなれば、
日本は必ず負ける・・・日本の国を守るのが自分の任務である。」
直弼の側近は不測の事態に対応すべく、せめて刀の柄袋ぐらいはとっておきたいといったが、
規則を曲げることはできないと拒否。
46歳。
春浅み 野中の清水 凍りいて 底の心を くむ人ぞなき

彦根城
                                                                                                                               

 私の小さな旅 北海道の文学碑と歴史に戻ります私の小さな旅 旅のアルバムのトップに戻ります